コワーキングスペース・レンタルオフィスのサブスクサービス一覧と比較

【比較表】レンタルオフィス・コワーキングスペースのサブスク一覧

詳細月額(税込)初期費用
(税込)
形態拠点数法人利用公式サイト詳細
BIZcomfort2,200円~77,000円~コワーキング
レンタルオフィス
全国112公式 詳細
Regus要問合せ0円バーチャルオフィス
コワーキング
レンタルオフィス
貸会議室
全国170
世界3,300以上
公式 詳細
アントレサロン4,180円~0円コワーキング
バーチャルオフィス
レンタルオフィス
東京・埼玉
神奈川
全10
公式 詳細
日経
OFFICEPASS
15,258円~0円シェアオフィス
コワーキング
全国400以上公式 詳細
fabbit3,828円~拠点により
異なる
バーチャルオフィス
コワーキング
レンタルオフィス
貸会議室
国内24
海外4
公式 詳細
co-ba7,150円~拠点により
異なる
コワーキング23公式 詳細
WeWork要問合せ要問合せレンタルオフィス全国41公式 詳細
Business
-Airport
9,900円~9,900円~コワーキング
レンタルオフィス
全国20公式 詳細
EXPERT
OFFICE
11,000円~11,000円~バーチャルオフィス
コワーキング
レンタルオフィス
11拠点公式 詳細

 

コワーキングスペースサブスクの各社特徴

BIZcomfort


  • 東京、大阪を中心に全112拠点。続々全国拡大中
  • 24時間365日いつでも利用可能
  • 月額2,200円~の全9プラン用意した柔軟な料金プラン
  • 駅近/wi-fi/電源/フリードリンク/住所利用・登記可能/会議室有
月額(税込)2,200円~
初期費用(税込)77,000円~
形態コワーキング
レンタルオフィス
拠点数全国112拠点
法人利用

公式ページ

ライフスタイルに合わせたワークスタイルを提供している『BIZcomfort』。コワーキングスペースとレンタルオフィスを提供しています。

東京・大阪を中心に全国に112拠点。京都・兵庫・三重・愛知・静岡・埼玉・神奈川・千葉・栃木・宮城・北海道と幅広く拠点を展開中です。

食事が出来るスペースやWEB会議用等の個室まで幅広く用意。プランや拠点の変更は翌日対応とユーザー目線に立っていて好感が持てるサービスです。

個室・固定席・全拠点プランのお客様はすべてのフリースペースとすべての会議室(別途有料)が利用可能。

『BIZcomfort』の特徴の一つがかなり細かい料金プラン。

ライトプラン・土日祝プランの定番から横浜湘南エリアプランまで全10プラン。これだけ柔軟に用意されていれば自身のライフスタイルや利用方法見つけられそうです。

24時間365日利用可能(一部対象外店舗あり)で、いつでも好きな時間で利用可能。コワーキングスペースやレンタルオフィスを探しているなら候補の一つにすべきサービスではないでしょうか。

BIZcomfort公式ページ

トップに戻る

Regus


  • レンタル・バーチャルオフィスの世界最大手ブランド
  • 全国170の他、世界120ヵ国1100以上の都市に拠点あり
  • 世界中にも拠点があり世界中を旅するノマドワーカーにもぴったり
  • 敷金・礼金も不要なうえ、短期間からレンタル可能
月額(税込)要問合せ
初期費用(税込)全国100拠点以上
形態バーチャルオフィス
コワーキング
レンタルオフィス
貸会議室
拠点数全国170
世界3,300以上
法人利用

公式ページ

運営しているリージャス・グループはスイスに本社を置きロンドン証券取引所に上場しているグローバル企業。世界120ヶ所1,100都市に全3,300拠点以上有し、会員数は250万以上の世界最大手のレンタルオフィスサービスを提供しています。

メイン事業はレンタルオフィス・バーチャルオフィス運営ですが、個人向けコワーキングスペースも用意。

『Regus』のおすすめポイントは

  • 敷金、礼金不要
  • オフィス家具や内装が完備
  • 電気代、水道代、冷暖房費(営業時間内)、毎日の清掃、ゴミ処理費用は、
    基本料金に含む
  • 退去時の原状回復費も清掃代以外不要

敷金や礼金、オフィス家具などを自分で用意しないためかなり初期費用が抑えられます。事業を始めたての方には重要なポイントですね。

ただし注意点としては

  • 拠点ごとに利用料金が違う
  • 空室、料金の確認に問い合わせ必須

の2点。 まずは気軽に問い合わせしてください。

Regus公式ページ

トップに戻る

アントレサロン


  • 2010年にスタートし東京、神奈川、埼玉に全14拠点。毎年新規出店中
  • 敷金・保証金は不要。初期費用0円、月額3,800円〜で始められる
  • 1つの契約でアントレサロン全施設が追加料金無しで利用可能
  • 全施設が駅から5分以内で好立地
月額(税込)【バーチャルオフィス】
4,180円~
【フリーデスク】
10,456円~
【個室】
55,000円~
初期費用(税込)0円
形態コワーキング
バーチャルオフィス
レンタルオフィス
拠点数東京・埼玉・神奈川
に全10拠点
法人利用

公式ページ

『アントレサロン』のおすすめポイントは

  • 敷金、礼金が不要
  • 1つ契約すると、アントレサロン全施設が追加料金無しで利用可能
  • 受付常駐しているため来客対応や郵便の受取が便利
  • 登記費用が不要(他社では追加料金がかかるところあり)
  • 豊富なオプション(専用03電話:月1,000円、郵便転送:月2,000円など)
  • 全施設が駅から5分以内で好立地
  • 入居者は東京都の創業助成金に応募でき法人設立時の登録免許税が半額に

など。

月額料金、サービス内容は利用方法に異なり

  • バーチャルオフィス:4,180円~|来客対応、住所利用、郵便受取、会議室利用
  • フリーデスク:10,456円~|上記+全施設フリーデスク・オープンラウンジ利用可能
  • 個室:55,000円~|フリーデスクプラン+自分専用個室

の3プラン。

アクセスの良さ・リーズナブルな地用料金・わかりやすいプランで業界の利用者伸び率はトップクラスのサービス。まずは公式サイトをご覧ください。

アントレサロン公式ページ

トップに戻る

日経OFFICE PASS

  • 全国400以上の拠点がいつでもどこでも使い放題
  • 空席を予約なしでいつでも手軽に利用できる
月額(税込)【レギュラープラン】
15,258円
【プレミアムプラン】
26,400円
初期費用(税込)0円
形態シェアオフィス
コワーキング
拠点数全国400拠点以上
法人利用

公式ページ

日経が提供するシェアオフィスサービス「OFFICE PASS」。全国のシェアオフィス・コワーキングスペースを加盟店とするワークスペースのマッチングプラットフォームです。

紹介動画⇩

料金や利用できる店舗はプランにより異なり

  • ベーシック:15,258円|300店舗|31回/1ヶ月
  • プレミアム:26,400円|400店舗|無制限

の違いがあります(個人向けプラン)。

基本的にパソコン作業をして外出する機会が少ない方はレギュラープラン、顧客訪問等が多く事務所を頻繁に出入りする方はプレミアムプランが良さそうです。

また、法人向けに回数課金(22,000円/10回)と月額プラン(19,800円~)も用意しているので、まずは公式サイトをご覧ください。

 

一点注意点としては、『日経OFFICE PASS』直営ではなく加盟店を利用する形態なので

  • 営業時間が違う
  • 設備に統一感が無い
  • 施設の細かなルール等も違う

などはよく確認する必要がありそうです。

OFFICE PASS公式ページ

トップに戻る

fabbit

  • レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス、貸会議室など様々な形態を利用できる
  • 都内を中心に国内24拠点
  • Wi-Fi、電源完備、モニター貸し出し、フリードリンク完備
  • キャンペーン、イベントが豊富
月額(税込)【バーチャルオフィス】
3,828円~
【コワーキング】
9,900円~
【レンタルオフィス】
33,000円~
初期費用(税込)拠点により異なる
形態バーチャルオフィス
コワーキング
レンタルオフィス
貸会議室
拠点数国内24拠点
海外4拠点
法人利用

公式ページ

『fabbit』は政府の提唱する「日本再興戦略2016」の趣旨に賛同し、「スタートアップ企業」「ベンチャー企業」「中小企業の第二創業」の支援等に力を入れて運営しています。

スタートアップ企業やベンチャー企業等の利用者に向けた多種多様なイベントやセミナー、相談会を開催するなどの支援も充実しています。

利用料金は

  • バーチャルオフィス:3,828円~
  • コワーキングスペース:9,900円~
  • レンタルオフィス:33,000円~

利用可能(拠点により異なる)。

起業したばかりで事務所を借りられない方・固定費を抑えたい方・テレワークの作業スペースなどにもおすすめです。

ただし、

  • 拠点数が少ない
  • 拠点により料金や利用できるオプションが異なる
  • 形態により使えるサービスが違う

などは注意してください。

fabbit公式ページ

トップに戻る

co-ba

  • 多様なチャレンジが集まる会員制シェアードワークプレイス
  • 多様な分野、地域の人が繋がるコミュニティスペースとして利用できる
  • 全国のco-baで多彩なイベントを開催
月額(税込)7,150円~
初期費用(税込)拠点により異なる
形態コワーキング
拠点数23拠点
法人利用

公式ページ

2011年12月、渋谷に誕生し若手起業家・クリエイター・スタートアップが集ってきたコワーキングスペース『co-ba』。

利用者間の交流やイベントが盛んで、新たな繋がり・コラボレーションにどんどんチャレンジしているコミュニティを目指しています。

基本的には個室はなくフリースペースのみ。
そして他のコワーキングスペースに比べて施設レベルは劣ります。あくまでも「人」との交流がメインといった印象でしょうか。

また、『co-ba』はフランチャイズ制のため、各拠点の運営オーナーは異なります。そのため各拠点毎で雰囲気やプラン内容が違うのも特徴です。

まずは近くの『co-ba』に気軽に問い合わせてみるのがよさそうです。

co-ba公式ページ

トップに戻る

WeWork

  • フリードリンク(ビール)が飲み放題
  • 一等地や有名ビル内のオフィスで最適な設備と環境を利用できる
  • その分利用料金は高め
月額(税込)要問合せ
初期費用(税込)要問合せ
形態レンタルオフィス
拠点数全国41拠点
法人利用

公式ページ

『WeWork』は2008年、アメリカ・ニューヨークでスタートしたシェアオフィスサービス。

日本では2018年2月、六本木の「WeWorkアークヒルズサウス」をスタート。現在では東京中心に41拠点まで増えています。

都内の一等地にあるような有名ビル内のシェアオフィスを利用でき、仕事するために最適な設備と環境が整っています。

  • 清潔感のある広いデスク
  • フリードリンク
  • 大小さまざまな会議室
  • WEB会議などで使える電話ブース
  • 私物が置ける専用デスク

特にフリードリンクはかなり豪華ですが、その分利用料は高めに設定されています。他サービスでは都内相場が20,000~25,000円程度のところ、約2倍の40,000円ほど。

注意点としては

  • 拠点や空室状況により料金が異なるため、事前に問い合わせが必要
  • 夜間や土日祝日は空調サービスが止まる
  • 共用スペースには常にBGMがかかっている
  • HPがわかりにくい
  • 料金が高め

あたりでしょうか。まずは気軽に問い合わせしてみてください。

WeWork公式ページ

トップに戻る

Business-Airport

  • 抜群のアクセスと立地を誇り、東京を中心に全20拠点
  • 9,900円から利用可能
  • 細かくプランが設定されており、事業フェーズに合わせて選択できる
  • 専用の受付にはコンシェルジュが常駐
月額(税込)【コワーキング】
9,900円~
【レンタルオフィス】
82,500円~
初期費用(税込)9,900円~
形態コワーキング
レンタルオフィス
拠点数全国20拠点
法人利用

公式ページ

『Business-Airport』は東急不動産グループが運営するサービスオフィスです。2021年5月現在、東京都内中心に20拠点運営中。

会員は全ての拠点を利用できるため、外出が多い人でもすぐに仮オフィスにできます。また、ゲストを最大3名まで2時間無料で呼ぶことができます。

コワーキングの利用料金はシンプルな4種類。

がっつりオフィスとして利用して法人登記をしたければアドレス会員、全日利用したいならマスター会員、出社前・会社帰りのみ利用するならプライベート会員、1日単位で使いたいなら1DAY会員、という風に使い分けてください。

会議室・ロッカー・複合機などの有料オプションも用意されていて、仕事をするのに十分な施設ではないでしょうか。

規模が大きくなればレンタルオフィスへアップグレードすることも可能。いろいろな使い方ができるサービスです。

Business-Airport公式ページ

トップに戻る

EXPERT OFFICE

  • 常駐スタッフがいたりと抜群のサービス内容
  • 仕事をするうえで必要な設備やサービスも充実
  • 交通の便が良いのに料金抑えめ
月額(税込)11,000円~
初期費用(税込)11,000円~
形態バーチャルオフィス
コワーキング
レンタルオフィス
拠点数11拠点
法人利用

公式ページ

『EXPERT OFFICE』は都内を中心に横浜、名古屋、大阪にオフィスを展開しているシェアオフィス/コワーキングスペースサービス。

交通アクセスが良く、オフィス内のサービスが充実。常駐している受付スタッフによるサービスがあるなど手厚く利用者をサポートしてくれます。セキュリティ面も万全です。

コワーキングプランの月額料金はわかりやすい2種類。プラス有料オプションがいくつか用意されています。

  • ライトプラン:平日AM9:00~PM17:30
  • スタンダード:24時間可能(契約店舗のみ、平日・土日・祝日含む)

月額料金にそこまでの差はないのでスタンダードプランの方が使い勝手が良さそうですね。有料オプションも細かな部分までしっかり用意されています。

この他にバーチャルオフィスやレンタルオフィスも利用可能です。

EXPERT OFFICE公式ページ

トップに戻る

できるだけ情報を新しい状態にしていますが、最新情報とは異なる場合があります。必ず公式サイトをご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました