コワーキングスペースのサブスクサービス一覧と比較

【比較】コワーキングスペースのサブスク一覧

詳細 月額(税込) 拠点数 プラン 入会金 法人利用 公式サイト
BIZcomfort 2,200円~ 95拠点 9プラン 11,000円 公式
日経
OFFICEPASS
15,258円 300拠点以上 1プラン 0円 公式
Regus 国内100拠点以上
世界3,000以上
0円 公式
fabbit 8800円~ 20拠点 8プラン 拠点により
異なる
公式
co-ba 2,000円~ 20拠点 拠点により
異なる
公式
WeWork 状況により
異なる
国内36拠点
世界700以上
2ヶ月分
+11,000円
公式
Business
-Airport
9,900円~ 都内17拠点 4プラン 9,900円~ 公式
EXPERT
OFFICE
22,000円~ 7拠点 2プラン 1ヶ月分
(入会預託金
2ヶ月分)
公式

 

コワーキングスペースサブスクの各社特徴

BIZcomfort


  • 兵庫~北海道にかけて全国95拠点展開
  • 24時間365日いつでも利用可能
  • 月額2,200円~の全9プラン用意した柔軟な料金プラン
  • レンタルオフィスも利用可能
月額(税込) 2,200円~
拠点数 全国95拠点
プラン 9プラン
入会金 11,000円
初回時に2ヶ月分支払
法人利用

公式ページ

ライフスタイルに合わせたワークスタイルを提供している『BIZcomfort』。コワーキングスペースだけではなく、個室が必要な方向けの「レンタルオフィス」も提供しています。

東京を中心に全国に95拠点。
他には大阪・京都・兵庫・三重・愛知・静岡・埼玉・神奈川・千葉・栃木・宮城・北海道と幅広く拠点を展開中です。

食事が出来るスペース、WEB会議用等の個室まで幅広く用意されていますし、プランや拠点の変更は翌日対応とユーザー目線に立ったサービスを提供中。

個室・固定席・全拠点プランのお客様はすべてのフリースペースとすべての会議室(別途有料)が利用可能。

『BIZcomfort』の特徴の一つがかなり細かい料金プラン。

ライトプラン・土日祝プランの定番から横浜湘南エリアプランまで全9プラン。これだけ柔軟に用意されていれば希望の利用方法がきっと見つかるはず。

プランによって月額料金は異なりますので一度公式サイトでご確認ください。

ライフスタイルや仕事の状況にあわせて24時間365日利用可能(一部対象外店舗あり)で、いつでも好きな時間で利用可能。

現時点では95拠点ですが近いうちに100拠点を目指しているようで、今は近くになくてもおいおい拠点ができるかもしれません。定期的にチェックしてみてください。

BIZcomfort公式ページ

日経OFFICE PASS

  • 全国300以上の拠点がいつでもどこでも使い放題
  • 月額15,258円の1プランのみでわかりやすい
  • 予約なし&QRコードを提示するだけなので気軽に利用可能
月額(税込) 15,258円
拠点数 全国300拠点以上
プラン 1プラン
入会金 無料
法人利用

公式ページ

日経が提供するシェアオフィスサービス「OFFICE PASS」。

月額15,258円でOFFICE PASSサイト上に掲載している全国300ヶ所以上のシェアオフィス・コワーキングスペースを、どこでも予約なし・回数制限なしで利用できます。

法人利用がメインですが個人利用も可能。

株式会社日本経済新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は、株式会社オプトインキュベート(東京都千代田区、代表取締役CEO:野内 敦)と事業パートナー契約を締結して、2018年4月10日にシェアオフィスの利用権販売サービス「OFFICE PASS Supported by OPT Incubate」(以下OFFICE PASS)を開始しました。「OFFICE PASS」は定額利用料(月額税込み1万4980円)を支払えば、東京都内を中心に100カ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの空席を、何度でも自由に利用できるサービスです。この仕組みで、「スマートワーク推進」と「働き方改革の推進」を実現し、企業とビジネスパーソンの生産性向上を支援していきます。

個人利用は1プランのみと明瞭な料金プランで、しかも月額料金15,258円と格安。

一般的なコワーキングスペースの利用料金で一番多いのが約2,000円/日。
フリーランス・個人事業主・テレワークをしていて、10回以上利用する方であればかなりお得に利用できるのではないでしょうか。

しかも入会金・基本料は無料なのも嬉しいポイントです。

そしてもう一つのおすすめポイントが「全国どこのコワーキングスペースでも使い放題」な点。外出先や出張先の仮オフィスとしても利用することもできます。

一点注意点としては、『日経OFFICE PASS』は直営ではありません。『日経OFFICE PASS』と契約しているコワーキングスペースを利用できるだけなので

  • 営業時間が違う
  • 設備に統一感が無い
  • 施設の細かなルール等も違う

などを注意しながらご利用ください。

OFFICE PASS公式ページ

Regus

  • 全国100以上の拠点数
  • 世界中にも拠点がありノマドワーカーにもぴったり
  • デスクや専用電話を含む必要設備が整っていてすぐ仕事が始められる
月額(税込) 拠点による
拠点数 全国100拠点以上
プラン
入会金/基本料 0円
法人利用

公式ページ

運営しているリージャス・グループはスイスに本社を置きロンドン証券取引所に上場しているグローバル企業。世界120ヶ所1,100都市に全3,300拠点以上有し、会員数は250万以上。

メイン事業はレンタルオフィス・バーチャルオフィス運営ですが、個人向けコワーキングスペースもよういされています。

『Regus』のおすすめポイントは

  • 入会金0円
  • 料金は利用した分だけ
  • セキュリティの高い高速Wi-Fi完備
  • 紅茶/コーヒー飲み放題
  • コンセプトに沿ったおしゃれな内装

ただし注意点としては

  • 拠点ごとに利用料金が違う
  • 空室、料金の確認に問い合わせ必須

の2点。
特に料金はいちいち問い合わせをする必要があるのが面倒ですね。

HP上で一目で確認したいところです。

Regus公式ページ

fabbit

  • Wi-Fi、電源完備、モニター貸し出し、フリードリンク完備
  • 豊富なプランで柔軟に利用可能
月額(税込) 8,800円~
拠点数 20拠点
プラン 9プラン
入会金 拠点により異なる
法人利用

公式ページ

『fabbit』は政府の提唱する「日本再興戦略2016」の趣旨に賛同し、「スタートアップ企業」「ベンチャー企業」「中小企業の第二創業」の支援等に力を入れて運営しています。

スタートアップ企業やベンチャー企業等の利用者に向けた多種多様なイベントやセミナー、相談会を開催するなどの支援も充実しています。

コワーキングスペースはオフィス機能としても十分で

  • Wi-Fi、電源
  • ビジネス書
  • ドリンクバー
  • コピー&FAX(有料)

も利用可能。これで月額8,800円~30,800円(拠点により異なる)はかなりコスパが良いのではないでしょうか。

起業したばかりで事務所を借りられない方・固定費を抑えたい方・テレワークの作業スペースなどにもおすすめです。

ただし、

  • 拠点数が少ない
  • プランが多すぎてわかりにくい

などは注意してください。

fabbit公式ページ

co-ba

  • 多様な分野、地域の人が繋がるコミュニティ
  • 全国のco-baで多彩なイベントを開催
月額(税込) 2,200円~
拠点数 20拠点
プラン
入会金 拠点により異なる
法人利用

公式ページ

2011年12月、渋谷に誕生し若手起業家・クリエイター・スタートアップが集ってきたコワーキングスペース『co-ba』。

利用者間の交流やイベントが盛んで、新たな繋がり・コラボレーションにどんどんチャレンジしているコミュニティを目指しています。

基本的には個室はなくフリースペースのみ。
そして他のコワーキングスペースに比べて施設レベルは劣ります。あくまでも「人」との交流がメインといった印象でしょうか。

また、『co-ba』はフランチャイズ制のため、各拠点の運営オーナーは異なります。そのため各拠点毎で雰囲気やプラン内容が違うのも特徴です。

まずは近くの『co-ba』に気軽に問い合わせてみるのがよさそうです。

co-ba公式ページ

WeWork

  • フリードリンク(ビール)が飲み放題
  • 一等地や有名ビル内のオフィスで最適な設備と環境を利用できる
  • その分利用料金は高め
月額(税込) 状況による
拠点数 国内36拠点
世界700以上
プラン
入会金 2ヶ月分
+11,000円
法人利用

公式ページ

『WeWork』は2008年、アメリカ・ニューヨークでスタートしたシェアオフィスサービス。

日本では2018年2月、六本木の「WeWorkアークヒルズサウス」をスタート。現在では東京中心に横浜・大阪・神戸・名古屋・福岡に36拠点に増えています。

都内の一等地にあるような有名ビル内のシェアオフィスを利用でき、仕事するために最適な設備と環境が整っています。

  • 清潔感のある広いデスク
  • フリードリンク
  • 大小さまざまな会議室
  • WEB会議などで使える電話ブース
  • 私物が置ける専用デスク

特にフリードリンクはかなり豪華。
月~金曜日の9時~18時まではお茶・コーヒーなど、18時以降でも水・お湯・ティーバッグが飲み放題で、15~21時はビールも対象。

しかしその分利用料は高めに設定されています。
この記事で紹介している他サービスでは都内相場が20,000~25,000円程度の中、約40,000円。3倍ほどの利用料金になっています。

注意点としては

  • 拠点や空室状況により料金が異なるため、事前に問い合わせが必要
  • 夜間や土日祝日は空調サービスが止まる
  • 共用スペースには常にBGMがかかっている
  • HPがわかりにくい
  • 料金が高め

あたりでしょうか。

まずは気軽に問い合わせしてみてください。

公式ページ

Business-Airport

  • アクセス抜群な都内17拠点
  • 9,900円から利用可能
  • 利用頻度や使い方に応じて4種類の料金プランを用意
月額(税込) 9,900円~
拠点数 都内17拠点
プラン 4プラン
入会金 9,900円~
法人利用

公式ページ

『Business-Airport』は東急不動産グループが運営するサービスオフィスです。2021年5月現在、東京都内中心に17拠点運営中。

会員は全ての拠点を利用できるため、外出が多い人でもすぐに仮オフィスにできます。また、ゲストを最大3名まで2時間無料で呼ぶことができます。

利用料金はシンプルな4種類。

がっつりオフィスとして利用して法人登記をしたければアドレス会員、全日利用したいならマスター会員、出社前・会社帰りのみ利用するならプライベート会員、1日単位で使いたいなら1DAY会員、という風に使い分けてください。

会議室・ロッカー・複合機などの有料オプションも用意されていて、仕事をするのに十分な施設ではないでしょうか。

料金も抑えめで全拠点に利用可能。
都内在住者やアクセス可能な人にはかなり優れたサービス内容になってます。

公式ページ

EXPERT OFFICE

  • 常駐スタッフがいたりと抜群のサービス内容
  • 仕事をするうえで必要な設備やサービスも充実
  • 交通の便が良いのに料金抑えめ
月額(税込) 22,000円~
拠点数 7拠点
プラン 2プラン
入会金/基本料 1ヶ月分
(入会預託金2ヶ月分)
法人利用

公式ページ

『EXPERT OFFICE』は都内を中心に横浜、名古屋にオフィスを展開しているシェアオフィス/コワーキングスペース。

交通アクセスが良く、オフィス内のサービスが充実。常駐している受付スタッフによるサービスがあるなど手厚く利用者をサポートしてくれます。セキュリティ面も万全です。

月額料金はわかりやすい2種類。プラス有料オプションがいくつか用意されています。

  • ライトプラン:平日AM9:00~PM17:30
  • スタンダード:24時間可能(契約店舗のみ、平日・土日・祝日含む)

月額料金にそこまでの差はないのでスタンダードプランの方が使い勝手が良さそうですね。有料オプションも細かな部分までしっかり用意されています。

公式ページ

タイトルとURLをコピーしました